表情筋を鍛えれば口元のシワやたるみが解消するの?

表情筋,鍛える,シワ,たるみ

 

顔の筋肉は、脂肪が蓄積したり、日ごろ使わないことで弱く細くなっていきます。たるんでしまった顔は実年齢よりも老けた表情となり、美肌に注意をしても、見た目年齢は若返りません。シャープなフェイスラインやキリっと上がった口角は見た目年齢の若返りにはポイントとなる点です。どのように表情筋を鍛えることで若返りに効果が現れるのでしょうか。ご紹介していきます。

 

 

 

顔の周りの筋肉を鍛える

表情筋,鍛える,シワ,たるみ

 

顔にはいくつもの種類の筋肉があり、そのうち表情に関わる筋肉は22種類あります。普段の生活において顔の筋肉は3割程度しか使われていません。顔の筋肉も体の筋肉のように使わないと衰えてしまい細くなっていきます。筋肉が衰えてしまうと、皮膚を支えきれずに、垂れ下がり、これがしわやたるみの原因になります。

 

顔の筋肉を鍛える上で重要なのは、外側から筋肉を刺激する方法ではなく、内側から適切な筋肉にバランスよく負荷をかけることが必要になります。顔の筋肉の場合は特に、口周りの筋肉を鍛えるといいでしょう。

 

 

口角を上げて若々しい表情に

表情筋,鍛える,シワ,たるみ
口角を上げる体操にはあいうえお体操があります。口を大きく開けてあいうえおという口の動きを繰り返すだけで良いです。口周りの口輪筋を鍛えるトレーニングになりますし、顔の表情筋全体を鍛えるトレーニングになりますので、とても効果のあるトレーニングになります。あとは、ベロを出して、上下左右に動かすというトレーニング方法もあります。

 

ベロをベッ出して、動かしましょう。1分くらいを目安にして、20回程度動かします。たるみやしわにも効果的なトレーニングです。大頬骨筋(だいきょうこつきん)」「小頬骨筋(しょうきょうこつきん)」「笑筋(しょうきん)」を動かすトレーニングです。

 

 

顔の筋肉を鍛えて血行促進

 

表情筋を鍛えると肌質がつやっとして来たりハリが取り戻せたりすることで、顔全体の血行改善にも良い影響が出ます。筋肉と皮膚には密接な関係があり、筋肉は血液を流すポンプの役割を持っており、そのポンプ機能が皮膚細胞に酸素や栄養素を充分に与えることになります。

 

しかし、このポンプ機能が衰えることで、肌の新陳代謝が悪くなって、くまやくすみの他に、肌に古い角質が残り、しわの原因になります。筋肉を鍛えることで、血液やリンパの流れも良くなって、老廃物が排出されて、このような肌トラブルからも解消されて肌の質も上がっていきます。

 

 

 

フェイシャルフィットネスで表情筋を鍛えよう。

 

フェイシャルフィットネスは顔の筋肉のトレーニングになります。あまり使われることのない口周りの筋肉を鍛えることで、顔の筋肉の衰えによる皮膚のたるみを防いで、キュッと引き締まった若々しい顔を作っていくことが可能です。口周りの筋肉を鍛えることに取り組んでみましょう。割り箸を口にはさんでイーとすることで、口周りの筋肉は鍛えられます。

 

 

まとめ

 

顔の表情筋についてご紹介していきました。口周りの筋肉は顔全体の筋肉ともつながっており、その部分が衰えることで、しわやたるみの原因になることが分かっています。また、顔の表情筋を鍛えると顔の血行が促進されて、顔の皮膚組織に栄養がいきわたりリンパや血液の流れが良くなりますので、皮膚にも張りが取り戻せることになります。

 

フェイシャルトレーニングで顔の表情筋を鍛えて、実年齢よりも若く見えるように努力していきましょう。簡単な器具でフェイシャルトレーニングは可能ですので、毎日実践していけるといいでしょう。笑顔を作るようにするだけでも、口角を上げるトレーニングになりますので、よく笑うこともよい表情筋のトレーニング方法になります。
表情筋,鍛える,シワ,たるみ
トップページへ